江戸時代の資本論 制作・作業中です


 ようこそ 江戸時代の資本論

   特集 「貨幣と資本の世界史」へ
2022.04.25  

 資本論ワールド 編集部

 2022年 新春の扉を開いて、「貨幣と資本の世界史」という″時空”を羽ばたいてみませんか。

  2022.06  島田竜登 18世紀 国際銅貿易の比較分析

 ◆貨幣と資本の世界史
 1. 古代メソポタミアの貨幣 商人資本
 2. 江戸時代の貨幣と資本  商業資本
 3. 資本制社会の貨幣と資本 産業資本
 
   「江戸時代の資本論 」

  1. 貨幣性商品の考古学ー古代メソポタミアの貨幣
    5000年前の古代メソポタミアでは、ムギとヒツジの商品生産が開始され、都市に貨幣と「資本」の蓄積が開始される。
  2. 江戸時代ー時空を超えてー貨幣と「資本」の研究
    人口100万の巨大都市江戸の成立は、世界史に衝撃を与える。 「鎖国」論批判ー翻訳問題を考える。貨幣改鋳ー金銀通貨の統合と価値形式Wertformの変容。
  3. 『資本論』ー21世紀・現代を写し出す反射鏡
    産業資本と個人金融資産2000兆円ー(米国113兆ドル・1京2800兆円)ー22年度一般会計予算107兆円ー
     貨幣と「資本」のカラクリを読み解く・・・・
 
  ◆「江戸時代の資本論」
   ー貨幣と資本の世界史
 第Ⅰ部 古代メソポタミアの貨幣ー貨幣性商品の考古学
 第Ⅱ部 江戸時代の資本論ー貨幣制度と“出目”
 第Ⅲ部 『資本論』の貨幣と「資本」ー貨幣の価値形式

   文献参照資料
  

  
【1】江戸時代の資本論 文献資料
  
【2】『鎖国』論の系譜 参照資料
  
【2】

 第1部 ムギとヒツジの商品化ー貨幣性商品の出現
 第2部 江戸時代の制度的枠組み
 第3部